病気別BEST100サイト

会員情報を必要とする調査研究のご協力に関する本会の考え方について


 かねてより会員の方から、主に修士論文執筆にあたっての保健師を対象とした質問紙調査に協力してほしいという問い合わせを数多くいただいておりました。
 しかしその運用には会員の連絡先住所や所属等の授受が絡んでくることから、これまでお受けすることを保留とし、その対応について検討を重ねてまいりました。
 このたび理事会にて審議し、総会において承認を得ることができましたので、本会の方針を報告いたします。
 結論から申し上げると、「アンケートによる調査研究には協力しない」ことと決定いたしました。
 理由は以下の通りです。

1. 本会は職能団体で、職能を守ることが優先事項であることを考えると、会員情報の取り扱いにはより細心の注意を払いたいと考えています。

2. 本会は主として理事のボランタリーな運営によって行われており、調査協力をお受けする対応の労力の捻出までは難しいと判断いたしました。

 ただし、本会が主体となって実施する調査研究で、会の在り方や政策提言等に結び付けられるような保健師の職能を守る目的で実施する調査研究は、この限りでないと考えています。
 本会の職能団体である目的と活動や運営状況の特性をご理解いただき、この決定についてご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
©2009-2017 日本産業保健師会